千葉県民の皆さまへ~新型コロナウイルスと闘うために~

 新型コロナウィルス感染が拡大し県民の皆さまは不安な日々を過ごされているのではないでしょうか。外出を控える中で継続してきた歯科診療を中断している方が多いことと存じます。私たち歯科医師は、治療の中断による口腔内疾病の重症化のみならず、全身に及ぼす影響を懸念しています。決して自己判断で診療を中断するのでなくかかりつけ歯科医に相談してください。 

口腔内の症状を放置すると・・・ 
①歯周病の進行は、心疾患、脳血管疾患、糖尿病を悪化させる可能性がある。 
②口腔内の細菌による誤嚥性肺炎リスクが高まる。 
③口腔細菌がインフルエンザウィルスの感染促進に深くかかわるばかりでなく、抗インフルエンザ薬の効果を著しく低下させることが明らかとなっている。 

 良好な口腔環境を維持することは細菌性の誤嚥性肺炎、インフルエンザのみならず新型コロナウィルス感染にも有効であることを示唆しています。感染予防ならびに重症化予防策として、日常の口腔ケア、口腔健康管理を心がけてください。 
 今、歯科医療現場では歯科医師、スタッフが感染のリスクの中で闘っています。今般の新型コロナウィルスに関して新たな見識を踏まえて、歯科医療現場ではより一層の感染防止の策を講じています。現時点で全国の歯科医療における院内感染の報告は一件もありません。県民の皆さまに良質、安全、安心な歯科医療を提供できるよう最大限の努力をしておりますのでご安心ください。  

千葉県歯科医師会会長 砂川稔

まずはかかりつけ歯科医にご相談ください

かすかに期待をしていたGW明けの緊急事態宣言の解除は、5月末までの延期になりました
みなさんには、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐために、緊急性が少なく延期をしても問題のない診療について延期のご協力をくださりありがとうございます
そのための三密を避けること、ステイホームも実践していただきました
しかしながら、この緊急事態も長引いてきますと、どんどん不安がつのってしまいます

治療の緊急性については、痛みや腫れなどを放置すると重症化や全身疾患の影響があります
歯周病などの定期管理も全身状態に関係し、高齢者や特に在宅や介護施設での口腔衛生状態の低下で、誤嚥性肺炎などを生じることが懸念されます
義歯を装着せず、噛めない状態が続くことは、全身の健康を損ないます

このように処置の緊急性は患者さんの状態により様々ですので
まずはかかりつけ歯科医にご相談ください

不規則な食生活を避け、口の中を清潔にして細菌の数を減らすことが、誤嚥性肺炎やウイルス性疾患の予防につながります
毎食後の歯磨きをはじめお口の健康を保ちましょう

歯科医師、歯科衛士し、携わるスタッフすべてにとって、感染リスクが高いとされる歯科医療現場ですが
これまで歯科治療を通じて患者さんの感染の報告はありません
それだけ、スタンダードプリコーションを遵守しております
さらなる感染予防策を徹底し、国民の皆さまの健康を守るために取り組んでいきます