緊急事態宣言を受けて市民のみなさんへお願いです

新型コロナウイルス感染症について日本政府から緊急事態宣言発令を受けて、人と人との接触を出来るだけ減らし密集しないこと、密閉した空間で長時間過ごすこと、ソーシャルディスタンシィング:なるべく距離をとること、いわゆる三密を 避けることが国民の急務となりました。

歯科診療は今回の規制対象外ですが、受診するために外に出かけることにより接触の機会を増やすことになります。急を要さない歯科診療は緊急事態宣言が解除されるまでお控えくださるようにお勧めします。 新型コロナウイルス感染者の急増で医療現場は崩壊の危機にあります。国民ひとりひとり、市民のみなさまが出来ることは、Stay Home 人と人との接触を避ける事です。みなさまのご協力をお願い致します。

もっとも、歯茎が腫れて痛い、ズキズキと拍動とともに歯が痛い、歯が欠けて鋭利な角が触れて痛い、ほっぺたまで腫れている などの急を要する場合は、かかりつけ診療所にお問合せください。 もちろん、歯科診療の基本体制はスタンダードプリコーションを遵守して厳格な感染予防策をとっています。具体的には、使用器具の滅菌、可能な限りディスポーザブルなものを使用し、エアロゾルの密度を減らすように換気、患者さん毎の清拭、など気を付けるべく気をつけておりますので、ご安心ください。

しかしながら、残念なことに今回のCovid-19 新型コロナウイルスについては、まだまだ未知なことが多く、その感染経路が不明なことが多すぎるのです。 成人健診などの市の健診業務、口腔がん検診なども終息後まで、延期となっております。不要不急な外出は避けて、自宅でゆっくりとお過ごしください。また落ち着きましたら再会しましょう。

毎週開催される浦安市の緊急医療会議に参加された代表から、救急医療に携わる医療現場のほんとうに困難な悲鳴にも近い報告を伺いました。感染から医療従事者を守るPPE(個人用防護具)が絶対的に足りない。医療崩壊をなんとか防ごうと懸命な悲痛な切実な現状を教えて頂きました。すこしばかり前線で使命感に燃えて必死に堪えてくださっている医療現場のみなさんを想像してみてください。

報道では、信じられないような、だけれども現実の映像を繰り返し流されました。そうしてICUを占領されてしまうと普段なら助けられる、脳卒中や心筋梗塞などの患者さんを見殺しにしてしまう。 この様な苦難な時期ですが、過度なニュースはシャットダウンして、すてきな自宅ひきこもり生活をみんなで考えましょう。

強い不安は、こころとからだにとってはマイナスです。不安と緊張は一緒にやってきます。からだの緊張を緩めることは、こころの緊張を緩めることにつながります。NTTシャイニングアークスの選手のみなさんがラジオ体操の動画をアップしてくださっています。われわれには馴染みのラジオ体操ですが、見よう見まねのマルコムマークス選手の、センスの良いリアリーファノ選手、それを統合されるアキ選手と一緒に体操はいかがでしょう。

もちろんご自身で行う口腔ケア(歯ブラシ、デンタルフロス、歯間ブラシによる清掃、洗口剤の使用)によって、口腔内細菌を減らすことが大切です。また舌もキズをつけないように優しく磨いてください。

いま大切なことは、三密 密集、密接、密閉を避けることです。「目と鼻と口」から、新型コロナウイルスが侵入することを減らす。また他人に感染させないためにもマスクの着用、お鼻から空気を吸う鼻呼吸は、もっとも大切です。石鹸でこまめに手洗いをして、一刻もはやい終息宣言を待ちましょう。

会員診療所ご来院の皆様へ

日頃より御支援いただきまして誠にありがとうございます。

浦安市歯科医師会では現在、新型コロナウイルス流行を受け、国の指針に基づき会員診療所では拡散防止と皆様の健康維持のために下記事項にご協力をお願いしております。

1.受診に当たっては、37度以上のお熱のある方や感冒様症状のある方は、事前に診療所へお電話にてご相談ください。

2.診療所では、手指の消毒と検温をお願い致しております。

3.診療所内ではマスクの着用をお願い致します。

4.その他、各診療所の方針にご協力ください。

感染拡大防止にご理解とご協力をお願い申し上げます。

平成31年4月1日から口腔がん検診始まります

口元はにんげんの尊厳の源でありいのちの入り口、こころの出口です。文化的にゆたかな人生を楽しむためにも重要なからだの器官と言えるでしょう。いつまでも快適で美味しい食生活を営むためにも毎日の口腔ケアは欠かせません。

そうして近年では、少子高齢化ならびに人口減少社会が平成の次の時代に到来し、特にガンの罹患率が増えています。いまや日本国民の二人に一人はガンであるという統計があり、その中でも口腔がん(舌、歯肉、頬粘膜のガン)は、全体のガンの中の1%を占めています。形態と機能を保存して上記のゆたかな人生を過ごすためには、早期発見と早期治療が欠かせません。

千葉県の地形図を眺めると左側を向いたチーバくんが浮かび上がります。房総半島が体幹であり、野田や流山、いわゆる東葛地方が鼻先、浦安市はアッカンベ~をしているチーバくんの舌に相当するのです。

浦安市と浦安市歯科医師会では、協同して口腔がん健診を周到に準備して参りました。

具体的には、大学病院の口腔外科の先生にご教示頂いて、口腔がん検診ベーシックコース(病理、病態の概要、歯科医師会会員相互による細胞病理診断検体採集実習)、千葉県歯科医師会によるEラーニング(PC上での学習と検定試験)、口腔がん検診アドバンスコース、口腔がん検診アプリケーションの開発と実習を行いました。また、市民公開講座(地域で育むお口の健康@Wave101)では、啓蒙活動を経年に渡って行っております。

検診の実際は、問診、視診、触診を総合診断して検診結果を写真付きで、プリントアウトしたものを受診当日にお渡しします。口腔がんの好発部位である、舌、歯肉、頬粘膜を上下左右口腔内をくまなくカメラで撮影してクラウド上に集約します。個人情報や外部漏洩が起こらないように細心の注意を払っておりますのでご安心ください。その口腔内写真を大学病院口腔外科の専門医に迅速にダブルチェックをしていただいて、検査結果の精度を高めております。

40歳以上の浦安市民が対象で、費用はかかりません。保険証などの浦安市民である本人確認ができるものを持参して浦安市口腔がん検診協力医に事前申し込みの上で検査を受けられてください。おひとりさま、年に一回となりますが、検査結果次第で経過観察が必要になる場合もあります。ビックデータの集約は、AIによる学習を経てより瞬時のより確実な診断判定の確立につながるばかりか、2011年の東日本大震災のような大規模災害時の身元特定につながる貴重な資料として未来へのタイムカプセルの役割も果たすことになるでしょう。

介護保険研修会のご案内

日  時:平成31年3月9日(土) 午後7時30分~(1時間半程度)

会  場:浦安市健康センター B1F 第2会議室

講  師:柴田 康則 先生(県歯社保委員会副委員長)

演  題:「改定後の最新 介護保険請求について」

「第2回学術講演会」&「口腔がんアドバンスコース」

日  時:平成31年2月20日(水)午後8時~

場  所:浦安市健康センター B1F 第2会議室

講  師:齋藤 寛一 先生 他(東京歯科大学市川総合病院 歯科・口腔外科)

演  題:口腔粘膜に関して/OCTOPUS検診方法とシステムについて