むし歯の治療について

むし歯は簡単に言うと、歯に付いた食べかすにむし歯の原因菌が増えて硬い歯を腐らせていく病気です。最初はエナメル質、次に象牙質へ進み、ひどくすると歯髄(俗に神経)と言われる所まで細菌が入り込み、化膿させ鋭い痛みを起こしてきます。更に我慢をすると、うみが根の先より歯を支えている顎の骨へ出て行き、骨をも化膿させることになります。

体調がよくないと顎骨炎より膿瘍形成(うみがたまる状態)したりすることになります。そうなると顔が腫れ、所属リンパ節が腫れてきます。また、慢性の病巣を作ることもあり、他の臓器の病気の原因となることもあります。むし歯の進行は、このような経過をたどることになります。

また、むし歯は自然に治らない病気であるということです。皮膚や粘膜などには、血管があり、血液が流れており小さなおできや傷は自然に治りますが、歯には血管がなく、自然治癒能力がないのです。

ですからむし歯の治療は、早いうちに、少なくとも手遅れにならないうちに受けるのが良いのです。小さなむし歯は、自分では分かりません。定期的に健診を受けることは、早期発見、早期治療という意味からも大事なことですし、更に進んで予防に心掛けるよう努力しましょう。